ブログ

ブログ一覧

2016.12.06

目指すべきゲームとは?

この記事は、Board Game Design Advent Calendar 2016 の第5日目の記事として書かれました。



皆様こんにちは。
ワンモアゲーム!の梶野です。同人ボードゲームのルールを作っています。

今回は「目指すべきゲームとは?」について書かせていただきます。

# 迷走するゲーム作り

世界に星の数程のゲームが存在している中で、私はアナログゲームを作る機会に恵まれました。
好きなようにゲームを作っていい。そんな環境に居るのならば、自分が好きなゲームを作りたいものです。

ですが、最近私が作るゲームにブレが生じています。
ブレが生じる原因は幾つかあるのですが、それはさておき…。

このままではいけない!私が作りたいゲームはいったい何だったのか?
この場を借りて、私が「目指すべきゲーム」の特徴をまとめてみたいと思います。
至極個人的な内容ですが、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

# 1.公平であること

目指すというよりもゲームとしての必須項目です。
公平性を欠いたゲームは、プレイヤーにとって疑問を感じながらのプレイとなってしまいます。
かといってランダム要素を完全に排除するということではありません。
ランダム要素は、個人にのみ適用される場合は公平性を減らしますが、共有の場に適用する場合、多様性に変換されるものであるからです。

※この項目については、I was gameさんの「ボードゲームにおけるランダム性と公平性」に詳しく書かれています。文章も面白いので是非ご一読下さい。

# 2.マネジメントができること

極端な表現ですが、ゲームの楽しさは“マネジメント”そのものだと考えています。
プレイヤーはゲームによって与えられた情報から、実行できる最適なアクションを判断し、実行したアクションから受ける効果で、勝利に近づいていく過程を楽しんでいます。

その過程を演出するのが、先を見通すことの出来る適度な情報量と、シンプルなアクションの提示だと考えています。
この項については、もう少し深く書かせていただきたいのですが、長くなるのでまた別の機会に。

※ちなみに…デザインノートに「マネジメントできないゲームはゲームではない!」とまで書き殴っていたのを発見しました。過激ですね、当時の私は。

# 3.インターアクションがあること

盤上でソロプレイをするのなら、複数人でテーブルを囲んでアナログゲームを遊ぶ意味はありません。

他のプレイヤーが取った行動に一喜一憂し、自分が取った行動に他プレイヤーが一喜一憂する。
その光景こそ、これまでプレイしてきた多くの名作たちが私に与えてくれたものでした。

自分のゲームを遊んでいるプレイヤーが、同じ楽しさを感じるには、ユニークなインターアクションが必要です。

# 4.オリジナリティがあること

これまで書いたことで一番難易度が高い項目ですが、せっかくゲームを創るのならば、既存のゲームとは違いを出したいものです。
新規性のあるゲームには、大きな魅力を感じずにはいられません。

テーマ・コンポーネント・アート・ルール。どのジャンルでチャレンジしても良いと思います。私はこれからもルールでチャレンジしていきたいです。

# 目指すべきゲームの再認識

このAdvent Calendarを書く機会があったことで、自分の中でどんなゲームが作りたいのか再認識することが出来ました。
もしゲーム制作で迷路に迷い込んだ自覚がある方は、自分が目指すべきゲームを文字に起こしてみてはいかがでしょうか。何かしらの発見があるかもしれません。

さて、今週末には多くの新作がゲームマーケットに登場します。
そんな中で焦らずに、目指すべきゲームを見失わないように、コツコツと作っていくつもりです。今後ともよろしくお願い致します。

今回企画していただいたI was gameさんと、最後まで読んでいただいた皆様に感謝致します。ありがとうございました。
続きを読む

2014.09.10

このままだと

このブログを更新しなくなってしまうので、勢いのある内に書かせていただこうと。

前回のゲームマーケットの事も、Futures!がこんな幸せなことになったことも触れずに申し訳ない。
もっのすごい楽しかったし嬉しかったです。良い評価、悪い評価、どちらもありがとうございます。今後も精進します。

さて、現在ワンモアゲーム!は二手に分かれて作業しています。

Welcome!とFutures!をデザインした梶野は2014秋にはゲームを出さずに、ボードゲームの本を作成しています。
多くの作家様にご協力いただいており、制作が進行しております。徐々に情報は公開する予定です。

もう一方は前回のゲームマーケットでテストプレイ版のTRUST NO ONEを頒布したデザイナー、
小室よりブラフ系のゲームが頒布される予定となっております。
これまでの当サークルの色とは異なる
色をもったゲームになると思いますので、お楽しみに♪

どちらもよろしくお願い致します。

続きを読む

2013.10.14

新作断念のお詫びとWelcome!英語版マニュアルの作成

正直なところ未だ諦め切れていないのですが、今回の2013ゲームマーケット秋には新作が間に合わない状況となりました。

自分の中ではかなりイケると思ったデザインが、実際にプレイしてみると想像以上に面白さが伝わらないゲームになってしまったようです。
その後何度も改善を試みましたが、実際に「面白さ」を伝えられるゲームになることはありませんでした…。

このブログを読んで、新作を買おうと思ってくれていた方々には大変申し訳ありません。
本当に制作スケジュールのギリギリまで考えたのですが、断念する判断を下しました。

今回のゲームマーケットには間に合いませんが、毎日ガリガリと頭の中でゲーム作ってます。
面白いのが出来たら、時期を問わずにテストプレイ会を開きますので、お手伝いいただけたらと思います。

さて今回のゲームマーケットですが、前回のゲームマーケットで販売した「Welcome!」の再販を行います。
ただの再販では無く、今回は「英語版」マニュアルを同封します!

前回初参加させていただいたゲームマーケットでは、多くの外国の方が参加されていました。
ウチのサークルの前でテストプレイをしげしげ眺めている方もその中にはいらっしゃいました。
そういった方に説明は出来なくても、マニュアルをお貸しすることで「Welcome!」をプレイして貰えるかもしれません。

またマニュアルも若干デザインを変更して、エラッタへの対応も行っております。
もうボドゲフリマで買っちゃったよ!と言う方へは、当日マニュアルをお持ち頂ければ交換対応出来るように進めています。

新作発表できないのは結構ショックですが、今出来ることをしっかりやりたいと思います。

続きを読む

2013.09.14

新作の進捗状況 その1

 長い生みの苦しみから、ようやくブログが書けるところまで余裕が出来るくらいには、ゲームデザインが進んでおります。

構想の段階で持っていた「左右のプレイヤー間でインタラクションが発生するゲームが作りたい!」を、長い時間かけて練ったのですが、どうにも面白くならない状態が続いていたのです。

考えていく上でさまざまな要素が浮かび、それをゲームに取り入れては外し、また別の要素を組み込む。こんなことの繰り返しです。Welcome!を作った時も実はこんな感じでして、最初からあのイメージが湧いたわけでは無いです。この辺は非常に非効率的。

それでもなんとかカタチにして、友人にテストプレイしてもらったのですが、あまりの出来に早々にテストを終了させましたorz
これはひどい。なんとかしなくては!

そこで「左右のプレイヤー間でインタラクションが発生するゲーム」と言う最初の構想すら捨て、コンポーネントだけを残し、縛られずに自由にアタマを動かすことに。セットコレクション、相場、拡大再生産、トリックテイキング、競り、Etc…。あらゆるメカニクスでゲームを作り、固くなったアタマのイメージを破壊し、再度「面白いゲーム」「自分の作りたいゲーム」に向き合った結果、自分の中である程度納得できるゲームまでイメージが進みました。

これからテストプレイですが、なんとかGM秋には間に合うと思われます。多分。きっと。
こんな苦労をしてもカタチにしなければ何の意味も無いことは、前回のGMでしっかりと学んでいるので。

そんなわけで、もしも楽しみにしている方がいらっしゃいましたら、気長にお待ちいただければと思います。

続きを読む

2013.06.18

Welcome!プレイ動画 その2

動画には音楽も必須、ということでふらふらとネットの海を彷徨いました。
「繰り返し聞いても苦にならない音楽がいいな~」などと考えつつ。

今回は以下のリンクの「なつかしいおみせ」を使用させていただく事にしました。
 http://dova-s.jp/bgm/play281.html

意外とフリーのBGM素材って数があるんですね。今度ゆっくり巡らせて貰おう。

続きを読む

2013.06.17

Welcome!プレイ動画 その1

とあるゲーム会にてWelcome!のプレイ動画を撮影させていただきました。

しかも3回もプレイしていただいて、やはりプレイ回数が進めば進むほどに遊び方(戦い方)がわかってくるため、熱い勝負になっていきます。これは動画が楽しみだ!と思いながら帰宅したのですが…

2回目、3回目の動画がピンぼけ!

1回目のプレイ終了後にピントがずれてしまったらしく、完全に個人で楽しむ音声動画になってしまいましたorz

皆様には1回目のプレイ動画を公開できるように現在編集作業を行っております。もう少々お待ちください。

続きを読む

2013.06.13

クラウドラインへの移転計画 その2

 なかなか言うことを聞いてくれなかったクラウドラインでしたが、なんとかイメージに近い動きが出来るようになってくれました。

動画のアップロードテストも完了して、いよいよ公開できそうな感じです。

あとは動画撮影だ!インスト緊張します!

続きを読む

2013.06.11

クラウドラインへの移転計画 その1

 忍者ウェブさんではサイト更新の手間が大きいため、クラウドラインさんへのコンテンツ移動を始めました。

なかなか思い通りのデザインにならない(コンテンツリストの新着情報を名称変更できない等)けれど、今だけ頑張ればきっと快適なサイト運営が出来る…はず。

続きを読む
ページの先頭へ